青木里菜の「わし便り/むら便り」~越前和紙の里

越前和紙の里で活動する若手和紙作家・青木里菜が日々の和紙の里の様子をお届けします。



Calender

02 | 2015 / 03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


プロフィール

青木里菜

Author:青木里菜
1975年生まれ。大阪外大(現・大阪大)中国語科卒。中国で水墨画留学ののち、2000年より、越前和紙の里を拠点に活動する若手和紙作家。越前和紙の良さをもっと知ってもらおうと、国内外に幅広く活動中。
和紙の里英語版のガイドも担当しています。海外と日本を、作品とともに行ったり来たりするのが夢。


最新記事


カテゴリ


最新コメント


月別アーカイブ


リンク

このブログをリンクに追加する


検索フォーム


QRコード

QR


RSSリンクの表示


草枕、もう少し。
夏目漱石さんに励まされています。
『草枕』。線を引きながら何度も同じ個所を読み返し、
そうかそうか、、、と。夏目漱石さんの書かれた書物を
評価した日本社会。そのことにも励まされます。。。。

と同時に、外をウロウロと歩いてスケッチしたりして。

   painting 1 2

なかなか小さな集落で、人と違うリズムで生活することは難しく、
「家で絵を描いている」と言うと、「ラクでいいね」と言われたり、
「親が余裕があるからあぁいうことが出来るのだ」と言われたり
(仕送りは学生時代で全くの最後なんだけれど)、
分かって頂くことはなかなか根気が要る。引きこもりたくなる
こともあるけれど、人に会うのが好きでして。。

  painting 1 2 1

描いてみなきゃ上手くなるわけもなく、自分でも何が手から
出てくるか分からないもんだし。やってみんことには何にもならぬ。

あるとき、「私は貧しくてもいいから絵を描くことを優先したい」と
言いましたらば、「貴女は本当の貧しさを知らないからそんなことが
言えるのだ」と鋭い視線で年配の方から言われたことがある。あぁ、
そうか、と素直に反省した。そう、私は本当の飢えを知らないのだから。

人様から言われたことを参考にさせてもらうことで、自分は
謙虚になり、成長も出来るのだ、と信じてここまで来た40年。
しかし、素直に受け止めれば受け止めるほど、辛くなることも。

傲慢にはなりたくないから、、、、と、メントール画家に伝えましたらば、
「自然を師と仰ぎ、古典に学んでいれば君は大丈夫だ」と。

私の絵を見た人に「あなたは何が描きたいのか。版画か?
水墨画か?」と言われても、

painting 122
( 下図なしに直接彫ってみた。刷ったら面白い顔が出てきた。)

ただ衝動に駆られてするのみである( おぉぉ、出た!漱石調??)。

紙も久々に中国のものを引っ張り出してきた。

painting 1 2 4

滲みが新鮮。

漱石さんの本を読みながらふと気になったセリフを、
出しっぱなしの墨と筆で書いてみた。

painting 1 2 2

注解に、
「俗界の塵に汚れた一身(泥団)を思いのままに捨てさって、
粗末な破れ笠をかぶった旅姿で、かぎりなくさわやかな夏の風を
呼吸する」と。「泥団」は、芸術家の透徹した心情の比喩らしいですが、

ぼんやり、そして、チクチクと何か漱石さんから何かを
諭されているような気分になります・・・。

中国の紙を使っていますと、なんだか山水の気分に。

painting 1 2 3

これ↑は鯖江市の西山公園からの景色なのですが、
雲海があるわけではなく、私が描いたのは街を見下ろす景色。

人と何か違うことをするとき、都会の人波に紛れる方が
ラクなのかも知れない。大勢いる中で、地道に仲間を探す方が。。。

painting 1 2 5

だけど、漱石さんもどうやらここのところの打開策を『草枕』で
語っているような・・。私は文学の奥深さを分析するのは得手とせず、
ただ自分の感じたことを説くのみですが、神経痛になるまであれこれ
悩み考え50歳くらいで亡くなった漱石さんのことを想えば、

私の人生なんて、

ラクもラク、とーってもラクちんなもんだ。確かに。

なかなかパソコンの前に座れず、ここは更新できませんが、
ながい留守が続きましたらば、ウロウロと散策しながら
歩いては絵を描いているアオキを想像してください。
( 紙も漉いてるよっ!)

これが「なにになるんだ」?

と言われるようなことをされているお方。
私も一緒に頑張りたいです。

おー!




本日の一枚 | 2015/03/27 17:05 | コメント(0)


春が来て。
外国の人におススメしたこの食べ物。

painting 126

酒粕チーズ入りロール!

painting 127

もう、これも終わりの時期に。 あぁ、さびしい。
これを食べたときは一気に顔が赤くなり、運転するのを
止めざるをえず。酔いが引くまでの時間がもったいなかった。
というか、酔っ払って何も手に着かなかった。。。というのが正解!

しかーし! 春がやって来ましたらいろいろと気になることが。

painting 83 2

目指せ自給自足! と心で叫んでるアオキリナ。
何を植えればいいのかよくわからないまま、畑だけは耕しました。
国産のタネもあまり見当たらず、どうなっているのか初級農民(?)は
素人ながら気にしてます。ジャガイモもあんまり好きじゃないし、
なー。。。キタアカリならいいんだけどなー、なんて言いたい放題で。

3月8日に描いた梅の花。

painting 11111111

あぁ、上手く描けない!、。、、と悩んでおりましたら、

painting 1 2 2 1

アメリカ在住のメントール画家が、

「何に見えるか気にしすぎや。
そんなん気にしてたら何も描けへんでー。」

と英語で言いました。

ははっ。 関西弁に聞こえたわ。




本日の一枚 | 2015/03/19 17:07 | コメント(2)


草枕、半分。
英語のホームページと両方更新しておりますが、
どちらに何を載せたのか分からなくなる時が多く、、、。

これは少し前の。3月1日のものかも知れません。。

painting 124

私の家からは月がよく見え、月光がスーッと差し込んでくる。
そりゃーもう、たまらなく美しい! 、、、これもちょっと前のこと。

painting 11111

このイメージを一枚。。

painting 123

、、、え? なんか違う? ちょっと月を強調しすぎたか。。。
でも、なんだかイノシシが出てきそうな雰囲気はあるでしょ??

漱石の『草枕』をようやく半分まで読み進めました。本を読むのが遅い。
そして、絵も上手くいかなくなると何もかもがイヤになり、

painting 111111

「あー紙がもったいない。むだにつかってこんな自分がいやになる。」

みたいなことが書いてありますね、。あー、どうしようもなく
救いようのない人になりそうです。こういうとき、また剣道を始める
べきか、と考えたりします。三段までとって、もうやめてしまった。

更には、これ。

painting 1111111

春でしょうか。 しっかり運動したくなってきました!
だからじっと座って絵を描くのが耐えられない。

やっぱ、墨を携えて山を登りながら絵を描きたい。


本日の一枚 | 2015/03/19 16:53 | コメント(1)


お懐紙を漉く。
なかなか紙を漉いている写真は撮れないもの。。
うーん、想像で絵を描いてみようか。紙を漉いている
ときの、私の視界を。もちろん、、まず見えるは自分の手。
そして、桁、フネ、原料、。色々想像が膨らんでくるわ、、、。

painting 111111

これは漉き損じの紙ですが、私、懐紙を漉くのが大好き。今日午前中
のお仕事。ゆっさゆっさとカラダを揺さぶり、チャチャチャッとした動作も好き。

リズミカルなんだもの。

それにしても今朝もまだ寒かったですね。
昼頃になるとマフラーは放り出していたけれど。

painting 2222

そうそう、最近メントール画家に勧められ読み始めましたこれ↓。

painting 22222

『草枕』。これは英語で、` The Three-Cornered World ` と
訳されているとか。夏目漱石は学生のとき以来。

本文に、

「、、、四角な世界から常識と名のつく、一角を磨滅して、三角の
うちに住むのを芸術家と呼んでもよかろう。」

というのがありまして、ここから英語の題名が決まったのかな・・。

音読しているとより理解しやすく、最近の私が読むのにふさわしい。
この里でどうやって生活していくべきか、ここ最近悩んでました。

本を家で読むことより、パートでもいいから少しでも外で働くことに
女性の価値が置かれているような感じがする福井県。。。。
これは私の誤解かな。いや、私はそう感じる今日この頃。

子供には勉強しろ、というわりに、大人はどうなんだろ。
子供にラインをしたらあかん、というわりに、大人はどうなんだろ。

色々と悶々とし始めたちょうどそのときに、メントールが薦めて
来た本でした。すごい良いタイミング、。明治時代の漱石さんとの
不思議な会話にしばらくのめり込みそうです。




新年度に向けて。
無事生徒が皆合格しました!晴れてそれぞれが望んだ道に
4月から進学します。あー、よかった。よかった。

painting 11111
( 早速 社長のお母様のフサエさんを訪問!)

正直、どこの高校に入るかなんてどうでもいいんです、私は。
生徒さん達が辛そうにしているとき、ついこの本音が出そうになり
ましたが、最後まで言わずに通せました。あぶなかった。。。

「私は東大」とか、「私はOO会社」とか、ヘンな肩書きだけを頼りに
生きて欲しくない。海外に行けば、どこ出身、というよりも、
自分は何者か、何ができるか、ポリシーは何か、、、ということが
大事なんだと私は実感しております。ましてや高校なんて、まだまだ
それで人生が決まったりはしない。

painting 1111
( ハンサムすぎる女史。。。 「夏目漱石」風?!えー、偶然。。。!)

ただ、自分を卑下することなく、成長していることを実感してほしい。
自分に自信を持ってほしい。。。その一心であります。

そうすれば、他人を認められるし、人をバカにすることもない。

そう、この「劣等感」が一番ややこしいもんだと私は常々思ってる。
ヘンに攻撃的になったり、必要以上に一人をイジメたり。

自分に(過信ではない)確固とした自信さえあれば、成績はどうでも
良いし、志望校とか学歴なんてどうでもいいんだと思ってます。

painting 1111111
( 電話中の母! これだけ和紙が違います。楮100%の画仙紙!)

もしも落ちてしまった生徒さんがこれを読んでいらしたら、
20歳、25歳までの貴重な時間、特技を磨いてほしい。
すべては自信をつけるため。自信をつけ、勇気を持って
あらゆる新しいことに挑戦できる人になるため。

そして、本を読む! 

どんどん進めば、それこそオリジナリティー溢れる
自分だけの人生があなたを待っているはず。
乗り越えた時、あなたは勇気百倍、百人力!

「自分なんて・・・」「私なんて・・・」と思わずに、可能性を
信じて未知の世界に飛び込んで行って欲しいです。

小さな小さな世界から、大きな大きな世界へ。
原石を磨いて磨いて。。。!


本日の一枚 | 2015/03/13 16:44 | コメント(1)


 +  OLD >