FC2ブログ

青木里菜の「わし便り/むら便り」~越前和紙の里

越前和紙の里で活動する若手和紙作家・青木里菜が日々の和紙の里の様子をお届けします。



Calender

08 | 2019 / 09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -


プロフィール

青木里菜

Author:青木里菜
1975年生まれ。大阪外大(現・大阪大)中国語科卒。中国で水墨画留学ののち、2000年より、越前和紙の里を拠点に活動する若手和紙作家。越前和紙の良さをもっと知ってもらおうと、国内外に幅広く活動中。
和紙の里英語版のガイドも担当しています。海外と日本を、作品とともに行ったり来たりするのが夢。


最新記事


カテゴリ


最新コメント


月別アーカイブ


リンク

このブログをリンクに追加する


検索フォーム


QRコード

QR


RSSリンクの表示


動物、発見!( 1 )
塾の生徒が帰るころ、「きゃー!」と言うので何かと思えば、
蝉が殻から抜けるところ!!! わー! ついこの前、一度で良いから
見たいのだ!と、別の生徒に話していたところでした。その中学生の男児は
いかにその姿が透明なのかを話してくれ、私は想いが膨らんだ。。。

painting 121 1 1 1

まさかこんな間近で観察できるなんて。。。

painting 12 1 2

気付けば、真夜中になり、。、。。

painting 12 1 11

みるみる羽は伸び、色が変わり。。。

一生かけての成長を、早送りで見ている感じ。儚い命を実感。
蝉が短命であること、そして、毎晩こんなドラマが寝ている間に
起こっていること、いろんなことを考え、想像し、感謝の気持ちに。

夜中の二時ごろ再び行けば、ようやく抜け殻から少し離れた
ところまで移動できたみたい。生き物の命は尊いです。







子供が小さいときは良く、近くの神社や
お寺に出かけ、土中から出たばかりの
幼虫を持って帰り、羽化させました。
何度見ても、あのアブラゼミが羽化した
ては、薄絹のような青白さが、自然の
神秘を感じます・・・
もっさん | URL | 2015/08/03 16:26 [編集]




:: Comment ::

管理者にだけ表示を許可する

 +